• ホーム
  • » ギターアンプのセッティング

ギターアンプのセッティング

こんにちは。ギター講師の中根です。   今日はギターアンプのセッティングについて お話ししたいと思います。   教室では2台のギターアンプがあり、 エレキギターの生徒さんには使ってもらっています。   「初めてアンプとギターを繋ぐ」 という方も少なくありません。   その時に必ず迷うのが、 沢山付いている「ツマミ」… 「これどうしたらいいんですか…?」   ララミュージックスクール(ギターアンプ)     最初はなんだかわからないですよね。 そんな方の為に簡単に説明させて頂きます。 ーーーーーーーーーーーーーー まず最初に ギターとアンプを繋いだら 全てのツマミが0になっている事を確認してからスイッチをオンにして下さい。 そうしないと前の人が使っていたセッティングのままで、いきなり爆音が出る事があります(笑)   スイッチをいれたら イコライザーを調整します。 イコライザーは「EQ」と書かれていたりします。 これは音質のツマミですね。 大体3つのツマミで出来ています。 それは「Bass」「Middle」「Treble」で 「低音」「中音」「高音」という事です。 これはとりあえず全て真ん中の5に合わせて下さい。   そしてボリュームを少し上げるのですが、 大抵ここで問題が起こります。 「ボリュームを上げても音が出ない…」   そんな時は他のツマミに 「Master」または「Gain」があるか探してみてください。 そしてそれを上げると音が出ると思います。 この二つのツマミは「歪み」の調整です。 歪んだ音はロックで使いますね!   例えば ・凄く歪んだ音が欲しければ、 ゲインを8くらいにしてからボリュームを上げる。 ・軽く歪んだ音が欲しければ、 ゲインを5くらいにしてからボリュームを上げる。 ・歪みのないクリーンな音が欲しければ、 ゲインを2くらいにしてからボリュームを上げる   といった感じです。   音が出たら、適当に弾いてみて 「低音が出過ぎるな」と思えば、先程合わせたBassのツマミを下げたり、 「高音が欲しいな」と思えば、trebleのツマミを上げたり調整して下さい。   最後に大抵のアンプに付いている 「Reverb」というツマミがあります。 これは残響ですね。 試しにマックスにしてみてください。 「あー、こういう事か」とわかると思います(笑) 機種によりますが大抵は2か3くらいに合わせます。 これで少し包まれたような柔らかさが出ます。   以上、少し長くなってしまいましたが アンプの基本的なセッティングについてお話しさせて頂きました^_^

まずは、無料体験レッスンをお試しください

LaLa Music Schoolでは、一人ひとりのレベルや目的に合わせたコースをご用意し、プロ講師によるマンツーマンレッスンを受けることができます。初心者・未経験者でも、楽しく速く上達できます。

ご興味を持って頂けた方は、まずは無料体験レッスンをお試しください。もしくは、資料をご請求していただければと思います。

資料請求
体験レッスン申し込み
お電話でのお問い合わせはこちらから 03-6404-8518

ジャズコース

JR京浜東北線大森駅から徒歩5分、京浜急行線大森海岸駅から徒歩5分

JR京浜東北線大森駅から徒歩5分
京浜急行線大森海岸駅から徒歩5分


大きな地図で見る

LaLa Music School
東京都品川区南大井3-23-13
大海ビル1階

  • LaLa Music Schoolスタッフブログ
  • 音楽用語集
  • Facebook
ページトップ