<祝>全国大会出場<祝>

こんにちは。


プロフェッショナルボーカルコース講師の武田です。
生徒の佐藤さんから嬉しいご報告が。

 

”民謡の地方大会で優勝、全国大会出場へ”

 

 

めでたい!めでた過ぎる!おめでたーーい!
いやー本人よりも祝ってる僕の方が舞い上がってますよ笑


どうやら優勝した大会は日本民謡協会主催の?民謡民舞連合大会・茨城県南部の大会とのこと。

 

通い始めて2年経たないくらい。それまでは歌の経験もカラオケで楽しむ程度。
そんな佐藤さんが民謡歴10年・20年を超える猛者たちを抑えて優勝だなんてまさにシンデレラストーリー。
間接的に関われて激しくうれしい反面、優勝とかしたことないからうらやましいやら妬ましいやら笑


全国大会に向けて頑張りましょう!
祝勝会せねば。

 

たくさんの楽器をやる事

こんにちは、講師の櫛田です。
プロフィールを読んでいただければお分かりの通り、私は色々な楽器に手を出しています。

マルチミュージシャンと呼ばれるのは少々気恥ずかしいところではありますが、いろいろな楽器の役割を理解するために手を出してみる、これはとても勉強になります。

それぞれが高い水準にある必要はありません。

特にボイトレを習いに来たけれど、他の楽器経験が全くない方に、苦手な部分を克服するためにオススメすることもあります。

少し話がゴチャゴチャしてきたので、他の楽器に手を出すメリットを羅列してみます。

・他のパートがやっている役割を理解し、アンサンブルとしての演奏の水準を上げることが出来る。

・自分の弱い部分の克服へのヒントとなる(音程やハーモニーが苦手→キーボードを練習、リズムが苦手→ドラムを練習)

・気分転換

と、基本的にはメリットばかりです。

最近練習に行き詰ってきたなあ、という方、ぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

ジメジメとした日が続いておりますが、夏に向けて元気にお過ごしください。

それでは、また。

念願の

どうも、プロフェッショナルボーカル講師の武田です。

 

先日、かねてより念願であったDVDをようやく入手しました。

 

「風のようにうたが流れていた」

 

大感激!!

 

小田和正は聞いてるだけでも癒されるのですが、見ると猶更。

 

私が好きなのは動きの少なさ。

とにかく余計な動きが少ない。

 

しびれるわぁ 憧れるわぁ

 

 今年こそ行きたい!

クリスマスの約束!

 

奇跡よ、お願いします(><)

CD制作のご案内~

こんにちは。ギター講師の中根です。

 

最近は自分のCD制作で忙しくしていました。
昨年の年末辺りから「来年はCDでも作ろうかな…」と思いはじめ、今年初めから新たにアルバム用に数曲作曲し、4月に録音、5月にミックス作業をしていました。

 

全曲僕のオリジナルです。
昔はジャズスイングの曲ばかり作っていたのですが、最近は高校生の頃好きだったオルタナティブロックへの興味が蘇り、その影響が色濃く出た作品になっていると思います。

 

普段僕はスタンダードジャズのライブが多いのですが、
このアルバムは一曲目からロックテイストなので、ジャズギターのCDと思って買われる方は腰抜かす、そしてクレームを入れてこられる可能性大ですね(笑)

 

そんな感じでジャズに留まらない面白い内容のCDになっております。
夏頃発売予定なので、出ましたらよろしくお願いいたします^_^

Vocal Asia Festival 2017

プロフェッショナルボーカルコースの武田です。

本日は宣伝をひとつ。

 

8/16(水)~19(土)に香港でVocal Asia Festival 2017が開催されます。

Vocalとはいうものの、括りはアカペラ・コーラスが中心のフェスティバルです。

今回のメインゲストはJazz Vocal Group の New York Voices。

2013年に25周年を迎えた大御所。

他にも豪華な面々が講師を務めます。

参加費の早割もあるので、興味のある方は是非チェックを。

 

【VAF2017早割申込み、4月20日まで】

Vocal Asia Festival 2017の早割申込みは【4月20日】までとなっております。

期日までに申込み頂くと、学生、社会人ともに2,688HKD(約39,000円)でキャンプに参加することができます。(参加費には、宿泊費にワークショップ費、各種コンサートチケット代が含まれています)

既に参加を予定されている方は、専用サイト(https://vaf.vocalasia.com/)で詳細を一度ご確認頂き、申込みをご検討ください。

なお、今年のVocal Asia Festivalに関する情報は随時Vocal Asia Japanサイトで更新して参りますので、そちらも是非ご覧ください。

http://vocalasiajapan.projectroom.jp

 

参考までにNew York Voices動画をば。

綺麗&素敵。もはや神。

どうぞお好きなだけ崇め奉ってください。

 

 


寒さ対策!

こんにちは!講師の栃原です♪

今日は寒いですね~((+_+))

でも、明日はまたあったかくなるとか。何だか体が追い付きませんね。

こうやっていきなり寒くなった時は首を冷やさないように気を付けましょう!

ニット帽や手袋、ヒートテックもあったらいいけど、それよりも首をまず守ってくださいね~。

首に巻くストールやマフラーを持ち歩くようにすれば、急に寒さを感じた時にも安心。

あとは、口や鼻の中に冷たい空気を入れないためにマスクももちろん効果的ですね。

毎日の手洗いうがいも大事ですが、ちょっとした対策が大事です♪

 

私事ですが、再来週に結婚式を控えており、それこそ風邪などひいていられませんっ。

準備も大詰めを迎えていて毎日のように深夜まで起きていて寝不足なので気を付けないと。

 

皆さんも体調にはお気を付けて♪

 

プリアンプの「twin tube」

こんにちは。ギター講師の中根です。

 

前回のブログで書きました、最近購入したプリアンプの「twin tube」ですが使いまくってます^_^

 

クリーンも歪みもとてもキレイで、共演者からの評判も良いです!

 

少し重いのが難点ですが、演奏の時の安心感を考えると手放せないですね。

 

皆さんも是非試してみて下さい!

 

image1

やっぱりNHKはいい番組つくってたんだな

こんにちは、プロフェッショナルボーカルコース講師の武田です。


先日、作曲家の宮川彬良さんとダイナマイトしゃかりきさ~かすさんのコンサートへ行ってきました。
少しだけバックコーラスにも入ったりして、非常に楽しかったです。

宮川彬良さんといえば、ハッチポッチステーション~ゆうがたクインテットを見て育った僕にとってはまさに夢の人。

テレビで見てたとおりの明るく楽しい方で、本当に充実した時間をすごさせていただきました。
お客さんも出演者も楽しんでますが、だれより彬良さんが一番音楽を楽しんでらっしゃる。

こんな素敵な大人になれたらなと思えた貴重な体験でした。

関係者のみなさま本当にありがとうございました。

子供のころはわからなかったけど、NHKはすごい良い人選してるんですね。
もっとEテレ見てみようかな。



バイオリンの音量を気にせずに練習する方法

こんにちは。講師の櫛田です。

 

今日はバイオリンの弱音器について。

 

バイオリンの練習を家でする際には、やはり音量が気になりますよね。

 

バイオリンの弱音器もいくつかの種類がありますが、基本的には演奏会で、譜面に「con soldino(弱音器を付けて)」という指示がある時に使用するものです。


https://www.amazon.co.jp/dp/B00BK4CJ36/
https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B00BK4HZF8/


上のBech マグネットミュートは使いやすくオススメです。


家での練習用にもミュートがあります。

 

ゴム製の物は、ほんの少し音が小さくなる程度ですが、安価で楽器を痛めません。
https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B002D5XUS4/

 

金属製のミュートは楽器を痛める可能性もあり、取り扱い注意!

付けたまま外すのを忘れてケースに入れると悲惨な事に!?


高価な楽器にはオススメしませんが、家での練習環境次第でしょうか。
https://www.amazon.co.jp/Angelus-HEAVY-PRACTICE-4-PRONG/dp/B003UPKMPU


ララミュージックスクールでは、レッスンが空いている時間の教室を、生徒さんに1時間500円でレンタルしているので、「明日仕事帰りにちょっと練習したいな〜」という方は教室に空き状況を問い合わせていただければ、思う存分音が出せますよ。


やはり、音量制限を気にせず音を出すのが1番ですからね!

おバカさんになるといい?

皆さんこんにちは!
講師の栃原です♪

 

今日は、常日頃ぼんやりと思っていることをお話ししようと思います。


・上手に歌えるように
・思うように歌えるように
・楽しく歌えるように

 

皆さん、これらのことを目指して日々レッスンに通ってらっしゃるかな~と思います。
おそらく、歌えるようになることが一番の目標であって、上手く歌える理論を勉強するのが第一なわけではないかな~と思います。
私は勝手にそう思っています(笑)

 

しかしながら、レッスン中の生徒さんを見てると、頭で考えることが優先されていることが多々あります。
そんな時は決まってこう伝えます。
「おバカさんになってくださーい」
「頭パーにしてくださーい」
そうすると、不思議と皆さん調子が良くなっていきます。

 

理論的なことは「へー」「ふーん」「ほほー」くらいにしておくこと、そして、実際に声を出す時は考えすぎないことが上達への近道かも?しれませんね(*^^*)

まずは、無料体験レッスンをお試しください

LaLa Music Schoolでは、一人ひとりのレベルや目的に合わせたコースをご用意し、プロ講師によるマンツーマンレッスンを受けることができます。初心者・未経験者でも、楽しく速く上達できます。

ご興味を持って頂けた方は、まずは無料体験レッスンをお試しください。もしくは、資料をご請求していただければと思います。

資料請求
体験レッスン申し込み
お電話でのお問い合わせはこちらから 03-6404-8518

ジャズコース

JR京浜東北線大森駅から徒歩5分、京浜急行線大森海岸駅から徒歩5分

JR京浜東北線大森駅から徒歩5分
京浜急行線大森海岸駅から徒歩5分


大きな地図で見る

LaLa Music School
東京都品川区南大井3-23-13
大海ビル1階

  • LaLa Music Schoolスタッフブログ
  • 音楽用語集
  • Facebook
ページトップ