か行

か行の音楽用語です。

カーター・ファミリー・ピッキング

カントリー・ミュージックから発達してきた奏法で、ギターのベース・ランニングにコード・ストロークを織り交ぜる。 Carter family picking

カッティング

ギター奏法において、リズムを刻むときに音を短く切るための技法。 コードの押さえ方を強くしたり弱くしたりすることによって、スタッカートやテヌートの表現が可能。 左手の動作を表わす。 cutting

空ピッキング

ギター奏法において、オルタネイト・ピッキングやコード・ストロークを行っているときに、右手のダウン、アップの動作はそのままで、わざとピックを弦に当てないようにして休符を表現する技法。正確なリズムキープには不可欠。

共鳴腔

人の身体における共鳴器官。 喉頭(こうとう)内の声帯によって発せられた喉頭原音を増幅し、発声を補う。 声帯より上の共鳴腔は、喉頭腔(こうとうこう)、咽頭腔(いんとうこう)、口腔(こうこう)、鼻腔(びこう)の4つに大別される。 resonance cavity

キー

調。 key

クリック

MTRやシーケンサーなどで、テンポを合わせるために出すメトロノーム音。 click

グリー

18世紀にイギリスで生まれた合唱形式。 無伴奏の3声以上の男性による重唱や合唱をいう。 glee

クラシック音楽

西洋の古典派音楽、およびその伝統を受け継いだ芸術音楽の総称。 ポピュラー・ミュージックに対して使われることが多い。 classical music

グリッサンド

ギター奏法において、ある音から異なる音程の音まで連続的につないでしまう技法。 フレットから別のフレットまで同一弦上で押さえた指を滑らせる。 通常は初めの音のみをピッキングして余韻を変化させるが、全ての音をピッキングする場合もある。 glissando

喉頭

咽頭と気管の狭間で、舌骨より下、気管より上にある、頸部中央にある器官のことをいう。 喉仏として身体の外側から触れることができ、モノを飲み込んだときには上前方に移動する。 モノを飲み込むときの食物の気管や肺への流入の防止、発声などの機能を持つ。 モノを飲み込む際には、喉頭蓋が後方に倒れこみ、声門が閉鎖することにより、気管に食物が入り込むことを阻止する。

根音

Cメジャー・コードにおけるC音のように、和音の基礎となる音。ルート。 root fundamental note

コード・フォーム

ピアノやギターなどで、コード(和音)を演奏する際の指の形、演奏位置をいう。 chord form

ゴスペル・ソング

1920年代、アメリカの黒人教会で生み出された讃美歌。 黒人霊歌の流れの上に、ジャズの影響を受けた独特の音楽。 強烈なリズムやソウルフルな歌唱が特徴。 gospel song

古典派

バロック時代とロマン派の間に位置する西洋のクラシック音楽。 18世紀なかごろから19世紀はじめにかけての音楽活動を指す。 代表的な作曲家はハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンなど。 music in the classic period

まずは、無料体験レッスンをお試しください

LaLa Music Schoolでは、一人ひとりのレベルや目的に合わせたコースをご用意し、プロ講師によるマンツーマンレッスンを受けることができます。初心者・未経験者でも、楽しく速く上達できます。

ご興味を持って頂けた方は、まずは無料体験レッスンをお試しください。もしくは、資料をご請求していただければと思います。

資料請求
体験レッスン申し込み
お電話でのお問い合わせはこちらから 03-6404-8518

ジャズコース

JR京浜東北線大森駅から徒歩5分、京浜急行線大森海岸駅から徒歩5分

JR京浜東北線大森駅から徒歩5分
京浜急行線大森海岸駅から徒歩5分


大きな地図で見る

LaLa Music School
東京都品川区南大井3-23-13
大海ビル1階

  • LaLa Music Schoolスタッフブログ
  • 音楽用語集
  • Facebook
ページトップ